スポンサードリンク

2007年05月08日

ステロイド副作用事例W

潰瘍性大腸炎で大腸をほぼ“ 全摘出 ”した□さん。
手術は2度行われたそうです。

1回目の手術で、大腸を摘出。残りの腸を体内からおへその辺りへくっつけて、
“ お腹から排便 ”する装置を取り付けたそうです。
「排便をもよおす」という感覚は全くなく、お腹に付けた装置に便が適当に
溜まったら自分で交換するという作業を強いられたそうです。

その後、数ヶ月様子を見てから2回目の手術が行われたそうです。
手術は“ 残りの腸(小腸も含む)と肛門を繋げる ”ものでした。
こちらも無事に成功したそうです。

その医師は、『小腸が、自然と大腸の役割を果たすようになる』と言ったそうです。
人間の体というのは、本当に不思議なものですね。。。

そして術後、「排便をもよおす」感覚を取り戻すまでには大変な時間がかかったそうで、
1年くらいの間はオムツを着用せざるを得なかったようです。

それでも、□さんはがんばったそうです。
車椅子の生活をしていたにもかかわらず。。。
その時はもう既に、両足がステロイド副作用で動かなくなっていたそうです・・・


そして。。。今度は、
このステロイドによる副作用で起きてしまった骨とう壊死(こっとうえし:
骨盤と足を繋ぐ骨部の破壊)の手術をしなければなりませんでした。

□さんの骨とうは両足に見られ、片方は“ 全滅 ”、もう片方は“ 半分壊死 ”して
いたそうです。

足の手術は、全滅した骨とう部において2回、半分壊死の方は1回の手術をし、
合計で3回の手術を受けたそうです。

全滅部は骨とうを全摘出し、セラミックのようなものでできた骨とう?を入れたそうです。
この金属でできた骨とうは、20年しか持たないそうで、20年後には再度
“ 取替え手術 ”を受けなければならないそうです。。

半分壊死した骨とうは摘出や切除はせず、 “ 生きている部分 ” を使うために
“ 骨とうを回転させる ”手術を行ったそうです。
こちらの手術の方が大変だったそうで、担当した医師も緊張と不安を持っていた
そうです。

そして、骨とうを回転させる手術もなんとか無事成功に終わり、その後は
リハビリと、再度 “ 骨とうを回転させた時に固定した金属を抜く手術 ” を
行ったそうですが、こちらも無事に終わったそうです。

現在では元気になり、一人で歩いて外出する事ができるまでに回復したそうですが、
□さんはステロイドの長期服用で出てしまった副作用によって10年以上に渡って
苦しみ、何度もの手術を受け、今では “ 障害者 ” の認定を受けているそうです。。。。。


アトピーとは一見何も関係のないようなお話だとは思いますが、アトピーも
ステロイドを使っています。

一つのご参考としてお読みいただければ幸いだと思っております。


ただ、ご注意して頂きたいのは、ステロイドを使うことが全て悪いのではありません。
長期服用をすることが危険なのです。

詳しくはカテゴリの “「ステロイド」ってどんな薬?” に記載しておりますので、
ご一読いただければと思います。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。