スポンサードリンク

2007年06月04日

アトピーに保湿は必須です。

アトピーになりやすい肌は、基本的に乾燥肌です。
アトピーの人は肌が薄いので、非常に敏感で、外部からの刺激も受けやすい
ので、必ず保湿をするように心がけましましょう。

保湿する際に乾燥した肌へ直接保湿剤をつけるのは、あまりよくありません。
なぜなら、乾燥した肌に雑菌などが入っている可能性があるからです。

なるべくぬるま湯などで入浴や洗顔、もしくはぬるま湯で湿らせたタオルや
コットンで皮膚を優しくふき取って清潔にしてから行った方がよいです。


上記のように、洗顔後や入浴後に保湿できる化粧水や乳液をつけます。
こちらは普通のものではなく、アトピー用に作られたものを使用することを
お勧めします。

化粧水はスプレータイプのものがお勧めです。全身に使える化粧水だともっと
いいです。
スプレータイプではないものでも、コットンにたっぷり染み込ませてから
皮膚に暫くのせて水分を染み込ませましょう。

乳液やクリームを塗る前には、必ず水分補給が必要です。乳液やクリームは
水分を補った肌を保護する役割しかもっていませんので、注意が必要です。


【自分にあった保湿剤を選ぶために】
これは私の経験上、自ら 『 試す 』 しかありません。
アトピー肌とはいっても人様々ですし、好みの問題もあります。

保湿剤を選ぶ際には、ご自身がどんなものにアレルギー反応を示すのかを
よく理解した上で、表示成分を確かめ、できれば初めはサンプルを使って
みた方がよいかと思います。

せっかく買ってみても、ご自身の肌に合わなければもったいないですからね。。



posted by 妖怪ベラ | アトピーの保湿
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。