スポンサードリンク

2007年06月03日

アトピー入浴で気遣うこと

アトピーになりやすい肌は、基本的に乾燥肌です。
アトピーの人は肌が薄いので、非常に敏感で、外部からの刺激も受けやすいです。

入浴はできるだけ毎日行うことを基本とし、石鹸や入浴剤にも気を配る必要が
あります。

【普段の入浴】
1.入浴は、できるだけ温めの温度(38〜40℃以下)で半身浴をします。
2.冬など寒い時期には肩にタオルをかけるといいです。
3.入浴は長くても30分程度にしましょう。(長時間の入浴は痒みを増し
たり、逆にアトピーを悪化させる場合もあります)

【入浴剤】
入浴する際には、必ず入浴剤を入れるようにしてください。
水道水はカルキを多く含みますので、アトピーにとっては大敵です。
カルキを和らげてくれたり、アトピーに優しい入浴剤が沢山販売されていますので、
お好みのものを選ぶ必要があります。

入浴剤は様々な種類が沢山ありますが、シンプルなもので言えば『竹酢液』・
木酢液』が妥当です。
しかし、これらは独特の匂いがありますのでご注意ください。

簡単な入浴剤として、お酢(酸性)や重曹(アルカリ性)なども利用できます。
どちらもカルキを和らげ、お肌を清潔に保ってくれますが、独特の匂いなどが
ありますので、こちらも好みとお肌との相談が必要です。

【シャワーヘッド】
シャワーから出るお湯にも注意が必要です。そのままですと、もろにカルキを
かぶることになりますので、シャワーヘッドを交換することをお勧めします。
現在ではビタミンの出るものや、カルキをとってくれる画期的なものが販売
されています。


【アトピーがひどい時】
1.石鹸はなるべく使用を控えましょう。汗をかいた部分や蒸れやすい部分
だけ、よく泡立てた石鹸の泡で優しくなでてよく洗い流します。
※患部には絶対に石鹸を使用しないで下さい。ぬるま湯で流すだけで大丈夫です。
2.アトピーの人は血流がよくないので、半身浴は必ず行ってください。

【アトピーが軽い時】
1.石鹸などは肌に刺激のないものを使います。
※こちらも個人差がありますのでご自分にあったものを選ぶ必要があります。
2.石鹸はよく泡立てて泡だけを使い、優しく肌に滑らしてからよく洗い流します。
3.シャンプーも1・2と同様です。


posted by 妖怪ベラ | アトピーの入浴

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。